動名詞が表す主語

文中における動名詞が表す主語は、時に複雑になります。

動名詞が主語となるような場合の英文の作り方を理解してください。

意味上の主語を示さない場合

動名詞の主語が特定のものを示さない場合は、文中には表わされません。

Preserving endangered species is very important.
「絶滅の危機にある動植物を保護することはとても重要である。」

endangered species 絶滅の危機にある動植物

※ 例えば、ここでは、誰がとか、何がとかといったような具体的な主語がありません。

意味上の主語を示す場合

◆人称代名詞の所有格と共に、動名詞が文章全体の主語になることがあります。

His getting up early is not quite unusual.
彼が早起きすることは珍しいことではない。」


◆名詞の所有格と共に、動名詞が文章全体の主語になることがあります。

The Prime minister's visiting China abruptly surprised us very much.
「突然の首相の中国への訪問はわらわれを非常に驚かせた。」


◆代名詞の所有格を目的格にして動名詞の主語とする場合があります。

1.My sisiter insisted on me(my) running an errand.
「妹はぼくがお使いに行くように言い張った。」

2.My sisiter insisted on running an errand.
「妹は自分でお使いに行くと言い張った。」

1と2の英文の意味の違いを理解してください。

run an errand お使いに行く