副詞の種類と使い方

副詞は動詞や名詞、形容詞などのさまざまな品詞だけにとどまらず、節や文全体を修飾することもあるので、その使い方や配置などに迷うことがよくあります。

特に、疑問文で使われる疑問副詞(疑問詞)や、関係詞の一つである関係副詞(ここでは扱いません)などがあります。

様態を表す副詞

◆おもに動詞を修飾するもので、自動詞の場合は自動詞の後ろに、他動詞の場合は他動詞の目的語の後ろにきます。そして、それぞれの動作状態などの様子を表します。

My watch was ticking accurately then.
「私の時計はその時は正確に時を刻んでいた。」

You should do research beforehand.
前もって下調べをしておいたほうがよいでしょう。」

do research 下調べをする、予習をする

頻度を表す副詞

◆動作の回数や割合を表現する副詞なので動詞を修飾します。

This magagine is published weekly.
「この雑誌は毎週発行されています。」

You often flatter your boss, don't you?
「君はよく上司にお世辞を言うよね。」

場所を表す副詞

◆動作や物事が行われる場所や方向、物のある場所などを表現します。

Smoking is not allowed here.
ここでは喫煙は認められていません。」

Please move backward. A ball may hit you.
後ろに下がってください。」「ボールが当たるかも知れませんよ。」

時を表す副詞

◆動作や状態における時を表現します。

Yesterday the Japanese archipelago was hit by a fierce storm.
きのう日本列島は激しい嵐に見舞われた。」

the Japanese archipelago 日本列島

He has an ambition to be a successful businessman someday.
「彼にはいつの日にか実業家として成功する野心がある。」

tomorrow や today なども副詞として使われる場合には、このように文頭や文尾に置かれます。

◆名詞としてなら当然に主語になります。

Yesterday was my mother's birthday.
「昨日は母の誕生日でした。」

Tomorrow is a new day.
「明日は明日の風が吹く。」

これはことわざなので、直訳しても意味がありませんね。

程度や強調を表す副詞

◆動詞や形容詞、さらには他の副詞などを修飾します。

Was Nostradamus a real prophet? Indeed he was.
「ノストラダムスは本当の預言者だっのですか。」「確かにそうです。」

I think that your aunt is absolutely innocent.
「あなたのおばさんは絶対に無実だと思いますよ。」

文全体を修飾する副詞

◆この種類の副詞は文全体を修飾するので、文頭か動詞の前に置かれるのが普通です。

Fortunately he won 100 million yen in the Dream Jumbo lottery.
幸運にも、彼はドリームジャンボ宝くじで1億円を当ててしまった。」