受動態の時制

受動態の基本形は中学で学習しましたが、(be動詞+過去分詞)の形で「~される」という意味になることを覚えていますか。

高校英語では中学で習う受動態の現在と過去形の他に、下記のようにいくつかの受動態があります。

現在形

be動詞を主語に合わせて is, am, are にします。

This advertisement is exaggerated too much.
「この宣伝はあまりにも誇張され過ぎている。」

過去形

be動詞を主語に合わせて was, were にします。

America wasn't discovered by Columbus.
「アメリカはコロンブスによって発見されたのではなかった。」

未来形

will+be+過去分詞の形にします。

This land will be inherited by his eldest son.
「この土地は彼の長男によって相続されるだろう。」

完了形

have(has, had)+been+過去分詞の形にします。

We have been distressed by the noise for a long time.
「我々はその音に長年苦しめられてきた。」

助動詞のある場合

(may, must, can, could, shouldなど)+過去分詞

These problems must be solved soon.
「これらの問題はすぐに解決されなければならない。」

助動詞があるときは助動詞が最も優先されるので、否定文では助動詞の後ろに not が、疑問文の場合は助動詞だけが主語の前にきます。