関係代名詞となるbutとthanの使い方

but やthan は通常は接続詞などで使われることがおおいのですが、関係代名詞のように使われる表現があります。これも as と同様、擬似関係代名詞とも呼ばれることがあり、以下のようなものがあります。

that や which のように、主格や目的格として使われることがあります。

butの用法

◆ but には否定の意味が含まれるので、先行詞にも否定の意味が含まれた二重否定となります。

There hasn't been a car but needed fuel.
「燃料を必要としない車などなかった。」

a car が先行詞となっているので、関係代名詞を使えば次のように言えます。

= There hasn't been a car which didn't need fuel.

thanの用法

◆ than は比較でよく使われる語なので、関係代名詞として使われる場合も、比較級の語とともに使われます。

The doctor prescribed more medication for my mother than was necessary.
「その医者は私の母に必要以上の薬を処方した。」

※先行詞が more medication で than が主格の関係代名詞のような形で使われています。

We need more capable human resources than the company has.
「我々はその会社よりも多くの有能な人材が必要なのだ。」

※先行詞が more capable human resouces で than が目的格の関係代名詞のような形で使われています。