複合関係代名詞の使い方

複合関係代名詞とは、関係代名詞に ever が付いた形のもので、先行詞を含んでいるもののことです。

whoever, whosever, whomever

◆「~する人は誰でも」のような意味で、名詞節を導きます。

I never forgive whoever write graffiti on this wall.
「この壁に落書きをする人は誰であろうと許しません。」

※この場合、whoever は anyone who に置き換えることができます。


◆「誰が~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

Whoever blames you, I'm always on your side.
「誰が君を責めようと、ぼくはいつも君の味方だよ。」

on one's side ~の味方で

※この場合、whoever は no matte who に置き換えることができます。


Whosever land it is, you have to protect its environment.
「それが誰の土地であろうとも、その環境は守らなければならない。」

Whomever she comes to like, it's her life.
「彼女が誰を好きになろうと、それは彼女の勝手です。」

※特に会話では whomever は whoever になることがよくあります。

whichever

◆「どれでも、どちらでも」のような意味で名詞節を導きます。

There are some trains for Tokyo. You can take whichever comes first.
「東京行きの列車はいくつかあります。」「先に来たほうに乗っていいですよ。」


◆「どちらが(を)~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

Whichever wins, I'd like to admite that both of the teams have a remarkable skill.
「どちらが勝とうとも、両チームとも素晴らしい技術を持っていることを認めたい。」

whatever

◆「~は何でも」のような意味で名詞節を作ります。

Whatever he does becomes a good example to us.
「彼のやることは何でも私たちにとって良い手本になります。」


◆「どんなものが(を)~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

Whatever she says, you should ignore her.
「彼女が何を言おうとも、彼女のことは無視するべきです。」