基本となる英文

中学で学んだ、英文を作る上で最も基本となるものです。

英語の基礎になるところですから、分からない場合はしっかり時間をかけて復習し、以下に示したものは、必ず理解できるようにしておきましょう。

肯定文(こうていぶん)

◆ 否定文でも疑問文でもない、いわゆる普通の文のことです。

You have a good dictionry.
「君はいい辞書を持っているね。」

Those paintings are genuine.
「それらの絵画は本物です。」

否定文(ひていぶん)

◆ いわゆる「~ではない」となるような文のことです。

be動詞がある場合は、be動詞に not を付け、一般動詞がある場合は、don't や doesn't, didn't を、主語、及び時制に応じて付けます。

My dictionary isn't very good.
「私の辞書はあまりよくありません。

My husband doesn't come home every day.
「主人は毎日は帰宅しません。」

疑問文(ぎもんぶん)

◆ いわゆる、「~ですか」となる、たずねる文ということです。

be動詞がある場合は、be動詞を、一般動詞がある場合は、do や does, did を、主語、及び時制に応じて主語の前に付けます。

Does he know her address?
「彼は彼女の住所を知っていますか。」



付加疑問文(ふかぎもんぶん)

◆ 通常の文章の後ろに、疑問となるような言葉を付けた英文のことです。

最初の英文が肯定形のときは否定形に、否定形のときには肯定形にします。そしてbe動詞がある場合は、be動詞を、一般動詞がある場合は一般動詞の形を変えます。

She isn't a flight attendant, is she?
「彼女はフライトアテンダントではないですよね。」

Mike likes alcohol, doesn't he?
「マイクはお酒が好きなのでしょ。」

命令文(めいれいぶん)

◆ 文の最初を動詞の原形にして、相手に命令をする文です。

目の前にいたりする相手に直接言うのですから、主語はありません。

Get back to your seat.
「席に戻りなさい。」

◆否定の命令文は文頭に Do not(Don't) を付けます。

Don't be so nervous, please.
「そんなに緊張しないでください。」

感嘆文(かんたんぶん)

◆ 驚きなどの気持ちを表す文で、what や how などが使われます。

What a splendid idea!
「なんて素晴らしい考えなんだろう。」

what を含む句は最後が必ず名詞になります。


How enormous it is!
「なんて巨大なのだろう。」

how を含む句は最後が必ず形容詞か副詞になります。

中学時代の通信簿2でも1年でTOEIC 900!
英語が苦手なら、まずは中学英語を理解するところから始めるのがベストです。これまでの総受講生24,000人以上の著者が提供する英文法講座で、たったの1年でTOEIC900点を取得する事も可能になります。例文はネイティブによる発音で聴けるので、ついでにリスニングの学習にもなります。理解しづらいところは、直接著者にメールを送り質問ができるので、途中でつまづくということも少ないはずです。中学の基礎から高校英語の応用まで征服できるこの教材で、今年こそ英語力を大きくアップさせて下さいね。