名詞の種類と基本

文法上、英語の名詞には、可算名詞や付可算名詞などの日本語にはない概念があるので、英語の学習時に困惑することがよくあります。

ある意味で、英語は日本語よりも論理的な面があるので、その特質をつかめばうまく理解できるようになると思います。

ここでは名詞を下記のような種類に分けていますが、辞書によっては、単語によって異なる種類の名詞に分けられていることもあり、学習していく中で、どの言葉がどの名詞に属するのかがはっきり分からなくても、あまり気にする必要はないと思います。

普通名詞

◆ 同じ種類や種別のものがあって、形や概念がある程度はっきりしているものと言えるでしょう。集合・物質・固有・抽象名詞に属さないものが一般的に普通名詞と考えます。

また、普通名詞はすべて可算名詞となることをおぼえておきましょう。

つまり、普通名詞は可算名詞なので、不定冠詞(a, an)が付いたり、単独で使うときには複数形にして使うのが通常です。


◆ 例えば普通名詞には次のようなものがあります。

book, house, table, antenna(アンテナ), educater(教育家), missile(ミサイル), fortune(財産)

My uncle made a fortune by selling the land.
「私のおじさんはその土地を売って一財産を築いた。」

There are more than one million books in this library.
「この図書館には100万冊以上の本があります。」

集合名詞

◆ 2(人)以上の人や物が集まって一つの種類などを表す名詞で、単数形になっていても複数として扱われることがあります。

◆ 例えば集合名詞には次のようなものがあります。

family, team, crowd, staff, people, audience(聴衆), commitee(委員会)

My family was once in Hokkaido.
「私の家族はかつて北海道にいました。

family を一つの単位としてとらえているので、単数扱いになります。


All my family engage in farming.
「私の家族はみな農業に従事しています。」

一つの family の中にいる人をそれぞれ個別にとらえているので、複数扱いになります。


I know a few families in this neighborhood.
「この近所のいくつかの家庭を知っています。」

単位を家族・家庭とし、それが複数あることを表しているので family が複数形の families になります。

物質名詞

◆ 人工や自然にできたものに限らず、固体、液体、気体等の状態で存在するものに使われる名詞です。

物質名詞は不可算名詞なので、通常、複数形になることはありません。

「一種の~」の意味を表すような場合は、冠詞の a(an) が付くことがあります。

◆ 例えば物質名詞には次のようなものがあります。

gold, water, bread, salt, steel, oxygen(酸素), furniture(家具)

I hear North Koreans also like beer.
「北朝鮮の人たちもビールが好きらしい。」

一般的にビールという飲み物を表しているので無冠詞になっています。


May I have a beer, please?
「ビールを一杯いただけますか。」

グラスに入った一杯のビールというような意味で、不定冠詞の a が付いています。

固有名詞

人名、国名、地名、河川、山、天体、組織などをさす名詞で、先頭のアルファベットは大文字になります。

◆ 例えば固有名詞には次のようなものがあります。

Dr. Smith(スミス医師), Jupiter(火星), India(インド), the Pacific Ocean(太平洋)
Mt. Sakurajima(桜島), the United Nations(国際連合)

Didn't you recieve a phone call from a Mr.Brown yesterday?
「昨日ブラウンさんという人から電話がありませんでしたか。」

人名に不定冠詞が付く時は、「~という人」という意味を表します。

Mars is a planet in the solar system.
火星は太陽系の中の惑星である。」

the solar system 太陽系は大文字で書いて Solar System とすることもあります。

抽象名詞

◆ 物質の性質や状態、動作などを抽象的に表現した名詞です。

簡単に言えば、手にとったり、目で見たり、数えたりすることのできないものです。

抽象名詞も不可算名詞
なので、一般的には、無冠詞で単数形として使われます。

◆ 例えば抽象名詞には次のようなものがあります。

love(愛), life(人生), joy(喜び),strength(強さ),hate(憎しみ),wealth(富)

Love is blind.
愛(恋)は盲目。」

Much experience in sales is a big help to my present job.
「豊富な営業経験が大いに今の仕事に役立っています。」

much experience で「たくさんの経験」となりますが、この場合、experience は抽象名詞なので単数扱いです。

sale は複数形になることで「販売活動」といった意味を持ちます。

help もここでは「助け」といったような意味で抽象名詞ですが、big という形容詞が付くことで、具体的な例を表すことになり、定冠詞が必要になります。