使役動詞とは

使役(しえき)動詞とは「?させる、?してもらう」などのようになる意味を表す動詞のことです。

ここでは、主な使役動詞として get, have, let, make の4つを取り上げ、それぞれの違いを示しながら解説します。

※ get は一般的に「してもらう」というような意味ですが、ある程度の努力が含まれることがあります。

※ have の「してもらう」は、お願い事などを頼む感じになります。

※ let は「自由にさせてあげる」といったような許可や容認をする感じになります。

※ make は「無理にでもさせる」というように、強制をする感じになります。

S+V+O+原形不定詞(動詞の原形)

◆ 通常この形で使うのは have, let, make の3つです。

I had her translate Korean into English.
「私は彼女に韓国語を英語に翻訳してもらった。」

They didn't let us oppose thier plan.
「彼らはわれわれに計画の反対をさせなかった。」

My mother makes me go to a cram school.
「母は私に塾に行かさせるのです。」

make を let にすると、「行きたがっているので行かせてあげる」といった感じになります。

S+V+O+to不定詞(to+動詞の原形)

◆ この形で使えるのは get だけです。「~させる、~してもらう」というような意味になります。

We need to get the student to motivate himself.
「その生徒にはやる気を出してもらう必要がある。」

Who got him to stop the bad habit?
「誰が彼にその悪い癖をやめさせたのですか。」

S+V+O+過去分詞

◆ この形で使うのは get, have, make の3つです。ここでは get と have は入れ替えができます。

I got(had) my bike repaired at his shop.
「私は自転車を彼の店で修理してもらった。」

The Italian woman couldn't made herself understood in Japanese.
「そのイタリア人女性は自分の日本語を理解してもらえなかった。」

S+V+O+動詞ing(現在分詞)

◆ この形で使えるのは get と have だけですが、どちらも同じような意味で使われます。また、現在分詞を不定詞にしても意味は変わらないものもあります。

Thomas got the old machine running.
「トーマスはその古い機械を始動させた。」

She won't have us telling(tell) her what to do.
「彼女は私たちに彼女が何をしなければならないかを言わせたりはしない。」

なお、目的語(O)の後ろに名詞や形容詞にすることができるのものもありますが、ここでは説明していません。

30日間英語脳育成プログラム
英語のリスニングは、ナチュラルスピードでなければいつまでたったも今の壁は越えられません。英文法の解説を交え、リスニングや英会話力の向上のための、非常に優れた絶対オススメの英語教材です!!