知覚動詞とは

知覚動詞とは、見る・聞く・感じる、といったような意味を表す動詞のことです。

高校英語で最もよく出てくるのは、see, hear, feel ですが、その他にも watch, notice など同じような意味を表す動詞が使われます。

基本的には下に示したものを参考にすれば、ほぼ理解できるようになると思いますので、何度も繰り返し学習してみてください。

seeの使い方

see+O+動詞の原形(Oが~するのを見る)

Do you mean that you saw the man steal the money?
「あなたはその人がお金を盗むのを見たということなのですか。」

※ steal を stealing にすると、その犯行を“ふと見た”ことになります。

see+O+動詞ing(O が~しているのを見る)

I saw a middle-aged woman weeping behind the tree.
「私は中年の女の人が木のかげでしくしく泣いているのを見た。」

※気が付くと、泣いているのが見えたという状況が考えられます。

see+O+過去分詞(Oが~されるのを見る)

目的語となる O が受動態として過去分詞の主語となることを意識してください。

Did someone see the boy bullied by those students?
「少年がその生徒たちにいじめられるのを誰か見ましたか。」

※ the boy was bullied by those students という受動態を考えます。

hearの使い方

hear+O+動詞の原形(Oが~するのを聞く)

I heard a girl scream that night.
「その夜、少女が叫ぶのを聞きました。」

※その夜、ずっと少女が叫ぶのを聞いていた状況が考えられます。

hear+O+動詞ing(O が~しているのを聞く)

Can you hear someone coming up the steps?
「誰かが階段を上がってくるのが聞こえますか。」

※ふと耳を澄ますと聞こえてくるという状況が考えられます。

hear+O+過去分詞(Oが~されるのを聞く)

Mike heard his presious toys broken by his little brother.
「マイクは大切にしているオモチャを弟に壊されるのを聞いた。」

※その音から判断して、そのように聞こえたということです。

feelの使い方

feel+O+動詞の原形(Oが~するのを感じる)

When I first met her, I felt a current flow in my body.
「彼女に初めて会ったとき、身体の中に電流が流れるのを感じた。」

電流 current は、 electric(electrical) current と書くこともできます。

feel+O+動詞ing(O が~しているのを感じる)

We felt the ground sinking in(by) the quake
「我々はその地震で地面が沈んでいくのを感じた。」

※動詞ing では動作の進行に重点があります。

feel+oneself+過去分詞(oneselfが~されるのを感じる)

この文型では、目的語 は主語によって変化する再帰代名詞です。

I felt myself shoved away in my dream.
「私は夢の中で身体が突き飛ばされるのを感じた。」