助動詞の解説

助動詞は、肯定文の場合、英語の述部の先頭に置かれる言葉で、主語の人称や、単数・複数による変化はありません。

つまり、主語と動詞の間に置かれ、動詞を補足する(助ける)言葉ということです。

助動詞の基本的な使い方

do や does, did なども助動詞の1つですが、最もよく使われるのは一般動詞を使った疑問文で、他の助動詞がない場合に主語の前に出てきます。

ただし、助動詞の do の場合は主語の人称や、単数・複数によって変化します。

Do you drive out to the busy city every once in a while?
「たまにはその交通量の多い街に車で出かけることもありますか。」

◆助動詞のすぐ後ろにくる動詞は必ず原形にします。

Hellen can arrive here around seven o'clock.
「ヘレンは7時くらいにここに着けるでしょう。」

I did lend him ten milion yen last month.
「私は先月彼に1千万円を貸しました。」

※この場合の did はlend を強調するために使われており、did がなければ lend は、その過去形の lent にしなければなりません。

ネイティブの英語を聞いていても、割とこのような言い方をすることもあるように思います。


◆否定文にする時は、助動詞の後ろに not をおきます。

短縮形もそれぞれありますが can not の短縮形だけは2つあります。

Hellen can not (cannot, can't) arrive here around seven o'clock.

can't はこの中では割と日常的な言い方になるので、フォーマルな文書では can not や cannot を使うのが一般的なものとなります。


◆疑問文にする時は助動詞だけを主語の前におきます。

Can Hellen arrive here around seven o'clock?


◆過去形にする時は、助動詞だけを過去形にします。

Hellen could arrive here around seven o'clock.

※それぞれの助動詞にも過去形がありますが、助動詞の場合には、動詞の過去形とは違う働きもあるので、その使い方には注意が必要です。