進行形の基本

現在進行形(be動詞の現在形+~ing)

現在の進行している状態・動作を表します。

My sister is helping her mother in the kitchen.
「妹は台所で母の手伝いをしています。」

●現在進行形は、使われる動詞によっては、近い未来を表すこともできます。

Is your uncle coming tomorrow?
「明日あなたのおじさんは来るのですか。」

★「来ているところですか」などと訳さないようにしましょう。

特に leave や go, start などの往来を表す動詞が使えます。

●現在の反復的な動作や状態を表すことができます。

He is always telling a lie.
「彼はいつも嘘ばかり言っている。」

My teacher is being angry again.
「私の先生はまた怒っている。」(一時的な状態)

being はbe動詞のing形です。

過去進行形(be動詞の過去形+~ing)

過去に進行していた状態・動作を表します。

The students weren't listening to me.
「生徒たちは私の話をきいていませんでした。」

●使われる動詞や状況によって、過去の状態や予定などを表すことになります。

A bus was starting the bus stop.
「一台のバスがバス停を発車しようとしていた。」

未来進行形(wii+be+~ing)

未来のある時点で進行している状態・動作を表します。

We will be walking in the park at ten.
「10時には、私たちはその公園の中を歩いているでしょう。」

※ shall be ~ing というのもありますが、堅い言い方なので、普通はあまり出てきません。

進行形にしない動詞

継続的状態を表す動詞

be動詞、belong, live, have (持っている), know (知っている)など。

もちろん、これらの単語も上記とは違った意味などで使われる場合は、進行形で使われることはよくあります。

have は「食べる」という意味があるので、次のように使うことができます。

My wife was having lunch at a classy restaurant with her friends while I was working hard.
「妻は私が一生懸命働いている時に高級レストランで友達とランチを食べていたんだよ。」

live も「住む」という意味であっても、一時的にどこかに「住んでいる」ことを表す場合は、進行形になることがあります。

We've been living in this historic city since 2012.
「私たちは2012年からこの歴史のある街に住んでいます。」

感情や心理などを表す動詞

love、like, believe など

感覚や知覚を表す動詞

see, hear, taste, など

It's been nice seeing you.
「あなたとお会いできてよかった。」

※これは「見える」という意味で使われていません。別れの挨拶で使われる言い方の一つです。