chip と tip の意味と練習問題

意味内容

chip の発音はカタカナで書けば「チップ」となり、その発音から、レストランやホテル、タクシーなどで正規料金の他に支払う「心付け」のことと間違ってしまうことがありますが、それは tip で、この発音は「ティップ」のようになります。



chip は、名詞で「小片、切りくず」などの意味を持つ単語で、コンピュータの中にあるような集積回路のを表す言葉にも使われます。

良く知られているものでは「ポテトチップ」のことを、この単語だけで表現することがよくありますね。

また、カジノのポーカーやルーレットに賭ける「チップ」もこの単語になります。

動詞としては「~を削り取る、切り取る」などの意味があります。


tip は、上記の説明通り、名詞で「心付け」のほか「祝儀」、また「ヒント」や「助言」「情報」「先端」などの意味でもよく使われます。

動詞としては「チップを渡す」の他、「傾く(傾ける)、ひっくり返る」など、「チップ」とは全く違う意味で使われることもあります。

練習問題

■ 次の(  )に chip か tip のどちらかを、必要に応じて形を変え入れてください。

1. This is a extremely difficult question. Give me some (  ).

2. My father (  ) away at a piece of wood and made up a small horse statue.

3. The tour bus hit a guardrail and (  ) over.

4. There used to be a lot of fish-and-(  ) shops around here.

5. Will the coming decade be a (  ) point for energy technology?


解答と解説