不定冠詞の用法

日本人にとって、冠詞は英語学習の上でとても厄介で気になる品詞の一つです。

不定冠詞とは、a または an のことですが、これらは頻繁に出てくるので、ここでは特にその中心的役割を説明していきます。

不定冠詞の基本の基本

◆不定冠詞は、通常、可算名詞の前に付いて、「一つの」という意味を表します。これを特に強調するような場合は one にすることもあります。

The boy was trapped under the debris for a(one) week.
「その少年は1週間がれきの下に閉じ込められていた。」

debris がれき


◆ an は母音字ではなく、母音の前に使われることに注意しましょう。

We watched an SF movie at the theater yesterday.
「私たちは昨日その映画館でSF映画をみました。」

「~につき」という意味を表す

「~につき、~あたり」という意味で per と同じように使うことができます。

This lake freezes only once a year.
「この湖は1年に1度だけ凍ります。」

How much does it cost a kilogram?
「それは1キロあたりいくらするのですか。」

総称を表す

普通名詞単数に不定冠詞を付けることで、その名詞の総称を表すことがあります。

Does a penguin usually live in a cold climate?
「普通、ペンギンは寒いところに住んでいるのですか。」

※この場合は「ペンギンとは」というような形で総称を表しています。


My niece kept a penguin until a few years ago.
「私の姪は数年前までペンギンを飼っていました。」

※この場合は「1羽のペンギン」という意味を表しています。

「一種の~」という意味を表す

不定冠詞は、通常、可算名詞ではない物質名詞や抽象名詞には付きませんが、不定冠詞がこれらの名詞に付くときは、「一種の~」という意味を表します。

This is a cheese that sells at my shop well.
「これは当店でよく売れているチーズです。」

※ a cheese = a kind of cheese ということで、ある種類や製品などを表しています。


The education industry is a profitable business in the country too.
「教育産業はその国でも利益の上がる事業となっています。」

固有名詞に付く場合

不定冠詞が固有名詞に付くこともあります。

◆次の場合は a が like「~のような」の意味で使われています。

The former president of the company was a Hitler.
「その会社の前の社長はヒトラーのような人だった。」


◆「~という人」という意味で使われることもあります。

Do you know a Miss Carter, darling?
「カーターさんとかいうお嬢さんをご存知なの、あなた。」

No, no, I don't. Why?
「い、いや、しらないね。どうして。」