複合関係副詞の使い方

関係副詞である when, where, how に ever が付いた whenever, wherever, however を複合関係副詞といい、副詞節になる文を作ります。

whyever は、一般的にはあまり使われていないようです。

whenever

◆ 「いつ~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

Whenever a disater occures, they can rush immediately at the scene.
「いつ災害が発生しようとも、彼らはすぐに現場に駆けつけることができます。

= No matter when a disater occures, they can rush immediately at the scene.


◆ 「~するときはいつでも」のような意味で「時」を表します。

I leave my children unattended whenever they are out of control.
「私は子供たちが手に負えないときはいつでも放ったらかしにしています。」

= I leave my children unattended at any time when they are out of control.

leave 人 unattended 人を放ったらかしにする

wherever

◆ 「どこで~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

Wherever I tried to get away, the suspicious man chased after me.
「どこへ逃げようとしても、その怪しい男は私の跡を追ってきたのです。」

= No matter where I tried to get away, the suspicious man chased after me.


◆ 「~するところならどこでも」のような意味で「場所」を表します。

Without regard to cost, he goes wherever there is a beautiful woman.
「お金に糸目をつけることなく、純一はきれいな女性がいるところならどこにでも行くのでした。」

= Without regard to cost, he goes to any place where there is a beautiful woman.

Without regard to ~にこだわることなく

however

◆ 「どのように~しても」のような意味で譲歩を表します。

However I asked him for an explanation, he never spoke a word.
「彼にどんなに説明を求めても彼は一言も話をしなかった。」

= By whatever means I asked him for an explanation, he never spoke a word.


◆ however の直後に形容詞や副詞がきて、「どんなに~しようとも」のような意味で譲歩を表します。

However high you try to jump, you can't defy gravity.
「どんなに高くジャンプしようとしても重力に逆らうことはできないよ。」

= No matter how high you try to jump, you can't defy gravity.

defy gravity 重力に逆らう