as if の意味と使い方

「まるで~である(あった)かのように」という意味で、一般的には現在や過去の事実を下記のような形で表します。

また、as if の代わりに as though とすることもあります。

会話的にも、そして一般的にも as if の方が多用されていると思います。

as if+仮定法過去

◆ 「まるで~であるかのように」のような意味を表し、主節の動詞の時制に関係なく、過去形にします。

My son acts as if he were concealing something.
「息子はまるで何かを隠しているかのようにふるまうのだ。」

My son acted as if he were concealing something.
「息子はまるで何かを隠しているかのようにふるまったのだ。」


The object is hovering in the air as if it ignored gravity.
「その物体はまるで重力を無視するかのように空中に浮いている。」

The object was hovering in the air as if it ignored gravity.
「その物体はまるで重力を無視するかのように空中に浮いていた。」

as if+仮定法過去完了

◆ 「まるで~であったかのように」のような意味で、主節の動詞より前の時を表します。

Tom talks as if he had improved company performance on his own.
「トムはまるで自分一人で会社の業績を上げたかのように話をする。」

Tom talked as if he had improved company performance on his own.
「トムはまるで自分一人で会社の業績を上げたかのように話をした。」