仮定法過去完了とは

仮定法過去完了とは、過去の事実に反する事柄を述べるものです。

If 主語+(助)動詞の過去形

◆ if節は過去完了形に、帰結節は通常、〈助動詞過去形+過去完了形〉になります。

If you had practiced harder, you wouldn't have lost the match.
「もっと一生懸命に練習していたら、君はその試合で負けることはなかっただろう。」

= You didn't practice harder, so you lost the match.


If that woman hadn't lured James, he wouldn't have embezzled government funds.
「もしあの女がジェームズを誘惑しなかったら、彼は公金を使い込んだりしなかっただろう。」

= That woman lured James, and he embazzled government funds.

embezzle 横領する


◆ if節は過去完了形で過去を表し、帰結節が〈助動詞の過去形+動詞原形〉で現在を表すこともあります。

I could tell you the detail, if I had seen the meteor fall.
「もしその隕石が落ちるのを実際に見ていたなら、君にその詳細を語ることができるだろうに。」

= As I didn't see the meteor fall, I can't tell you the detail.


英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
話すこともできない、聴き取りも苦手だという方たちの悩みを解決してくれるのが、言語学博士の英会話上達理論です。 英語を話さなくてはならない職業の人たちに、高い成果を上げてきたこの方法で、今までの英語勉強ではうまくいかなかったあなたも確実に上達してください。英語を話せるようになるには、4つの上達のツボがあるのです。たった 30分でスッキリ理解して、30日で上達出来る教材です。