仮定法過去とは

仮定法過去とは、過去の仮定ではなく、現在の事実に反する仮定や、想像を表すのに使われる表現方法です。

If 主語+(助)動詞の過去形

◆ if節の(助)動詞は過去形を使い、帰結節にも基本的には助動詞の過去形が使われます。

If Jim dared, he wouldn't flatter such an arrogant boss.
「ジムに勇気があれば、あんな傲慢な上司にゴマをすったりしないだろうに。」

If my dog could talk, I might listen to his problem.
「もし僕の犬が言葉を話せたら彼(犬)の悩みを聞くかも知れないね。」


◆帰結説が助動詞+過去完了となって過去の想像を表すこともあります。

If I knew where they are, I must have contacted the police by now.
「もしも、彼が私の居所を知っているのなら、今頃は警察に通報しているに違いないよ。」

※ if節の knew は仮定のために過去形になっており、現在を表す where they are とは一致しないことに注意してください。

If 主語+were(was)

◆語の次に be動詞がくる場合、 were が使われることがよくありますが、was になることもあります。

If this painting were a Picasso, it would be worth not less than 100 million yen.
「この絵がピカソの作品だったら、1億円はくだらないだろう。」

a Picsso ピカソの作品の1つ


◆ If節が現在のことでも、帰結節が過去の推測になることもあります。

If my father was alive, our company wouldn't have gone bankrupt.
「父が生きていたら、私たちの会社も破産することはなかったろうに。」