独立分詞構文の意味と用法

分詞構文では、その構文上(文章)の主語は、主文の主語と同一なので、実際には示されませんが、分詞構文上の主語と主文の主語が異なる時は、基本的に分詞構文上でも主語を示さなければなりません。このことを特に独立分詞構文と呼んでいます。

主語+分詞で表す

通常の独立分詞構文の形は、主語と分詞を続けて表します。

The narration being excellent, we were caught up in the TV program.
ナレーションが素晴らしかったので、ぼくたちはそのテレビ番組に引き込まれてしまった。」

この例では、分詞構文中の主語である narration のすぐ次に 現在分詞の being を続けています。

分詞構文の主語は the narration ですが、主文の主語は we となっています。

= As/Since the narration was excellent, we were caught up in the TV program.

この英文は so ~ that の構文でも言い換えられるでしょう。

be caught up in ~に引き込まれる


It being very cold, the penguins in the zoo were swimming joyfully.
とても寒かったので、その動物園のペンギンたちはうれしそうに泳いでいました。」

= As it was so cold, the penguins in the zoo were swimming very joyfully.

最初の独立分詞構文の部分を The weather being very cold とすることも可能です。

with を使った(独立)分詞構文

「~したままで、~して」のような意味で付帯状況を表す表現です。

Hellen felt scared with a strange man staring at her.
知らない男にじっと見られて、ヘレンは恐怖を感じた。」

この例文では Hellen と a strange man の2人が1つの文の主語になっています。

Hellen shouted out loud with her hands raised.
「ヘレンは両手をあげて大声で叫んだ。」

これは単に with を使った付帯状況を示す構文とも解説されることもあります。


My mother went out with a pot put on.
「母は鍋に火をかけたままで出かけてしまったのです」

=With a pot put on, my mother went out.

順番を入れ替えることもできます。

put は過去分詞なので、分詞構文の方は、英文的に受動態となっていることに注意してください。

これらは with を使った付帯状況を表す構文と言うこともできるでしょう。