although と though の違い

意味内容

「~だけれども」といった意味としては、両者に違いはありませんが、though の方がインフォーマルな場面で使われることが多いでしょう。

though は「だけど、やっぱり」など、最後に軽く付け足すような場合にも使われます。

例文と用法

◆どちらも文頭で使うことができます。

Although/though English can be said a universal lunguage, some Japanese try to avoid having conversation with foreigners in English just seeing them.
「英語は世界の共通語と言えるが、日本人の中には、外国人を見ただけで英語での会話を避けようとする人もいる。」


◆どちらも文中で使うことができます。

The champion knocked him out in the first round although/though the opponent boxer looked quite strong.
「対戦相手のボクサーはかなり強そうに見えたが、チャンピオンは1ラウンドで倒した。」

although/though の前にコンマを付けることもあります。


◆文尾で使えるのは though だけです。

Takeshi's father runs a Japanese restaurant and wants his son to be a successor.
But he desires to be a singer and songwriter, though.
「タケシの父親は日本食レストランを経営していて、タケシには跡を継いでもらいたいと思っているんだ。
でも、本人はシンガーソングライターになりたがっているんだけどね。」