base basic basis の違い、用法

意味内容

◆この3つの単語は、基本的なものとして「基礎」「基盤」といったような意味で、その使い方にとても混乱してしまう言葉です。

base名詞として「土台」「基礎」などの意味に訳されます。全く違ったもので「基地」の意味でもよく使われます。また、動詞として「基礎を置く」というような意味で使われます。

形容詞もありますが、これは「利己的な」「さもしい」など、全く「基礎」といったものとはかけ離れた意味で使われるので、ここでは除外します。

basic名詞として「基礎」「基本原則」などの意味で、形容詞としては「基礎の」「根本的な」のように訳されます。どちらかと言えば、形容詞として使われることが多い単語です。

basis名詞しかなく、「基礎」「基本原理」などの意味になります。

このように、どの単語にも名詞としての働きがあり、その意味も日本語にしただけでは、大変区別し難いので、それぞれの使い方の特徴を押さえておく必要があります。

この他にも、それぞれ他の意味で使われることがありますが、ここでは特に上記の意味で使われる場合において例文を用いて解説します。

例文と用法

The base of the giant building was completed in only four weeks.
「その巨大なビルの土台はたったの4週間で完成した。」

※ この base は基本的に物の最下部や、その表面を示すものなので、この場合 basic や basis に変えることは出来ません。


It turned out that the evidence was not based on fact.
「その証拠は事実に基づいていないことが判明した。」

※ この例文では base が動詞として使われており、その場合このように受動態の形で使われるのが殆どです。 be based on で「~に基づいている」「~に配置されている」「~に拠点がある」などの意味を持つ連語として覚えておくと良いでしょう。


The presence of those military bases in the area is very controversial.
「その地域にある軍事基地の存在は大変に議論を呼んでいる。」

※ base が「基礎」といった意味以外でよく使われるのが、「基地」「本拠地」といったような意味の場合です。もちろん、この場合は可算名詞ですから複数形では s が付きます。


If you wnat to enter that firm, you'll need the basic skills of computer programming.
「その会社に入りたいのなら、コンピュータ・プログラムの基礎的な技能が必要だよ。」

※ 日本語を「基礎技能」としても base skills とは通常言いません。しかし、base/basic color というように両方が使えるものもあります。


So, you mean you went to the adult entertainment shop on a regular basis?
「それで、つまり君は定期的にその風俗店に行っていたということなのかい。」

※ basis が最もよく使われる言い方が on a ~ basis という連語です。

on a daliy basis 「毎日(1日単位で)」のように weekly や monthly などの年月日を表すような言葉を入れて使われます。

例えば on a tree-day basis とすれば「3日ベースで(例・週に3日)」といった形で言うことが可能です。

また、on a dollar basis 「ドル建てで」などとして、通貨単位が使われることもあります。その他、さまざま言葉が入って使われることがよくあるので、この表現を覚えておくと非常に役立つと思います。